2006年5月アーカイブ

The Genographic Project

| コメント(0) | トラックバック(0)

Java のとある外部ライブラリについて調べていて面白そうなものを発見。Java とはまったく関係ないんですけど。

The Genographic Project

申し込むと DNA 採取キットが送られてきて、これで自分の DNA のサンプルを送り返すと、自分の祖先がたどってきた道筋が分かるというものです。
そんなもの調べても、まぁなんの役にも立たないんですけど。科学的浪漫ですねぇ。月の土地の所有権と同じような(注)。

DNA というと天から与えられた個人IDの様なもので、文字通りのキング・オブ・個人情報な訳ですが、一応、申込者の住所氏名等と DNA 情報を関連づけるテーブルはあちら側では持たないことになっているようです。

(注)私は 2004 年の誕生日より月の地主ってことになってます。
もちろん宇宙条約および月協定によって天体を含む宇宙空間の領有は禁止されてますが、これも夢商売ですよね。
それにしても、じゃあいざ人類が地球以外の天体へ移住するとなったときにどうするのか。土地の所有が認められなければ家を建てることも出来ません。しかも個人はおろか国家すら所有できない。公営住宅だってムリです。きっとその天体の土地の所有権は現在の地球と同じように認められるようになる時が来るのでは?

ネスカフェ スパークリング・カフェmixi の珈琲コミュニティでも話題の「ネスカフェ スパークリング・カフェ」を職場の売店で見つけたので速攻で飲んでみました。

12年分の永遠。

| コメント(1) | トラックバック(0)
ヨコハマ買い出し紀行 14 (14)ヨコハマ買い出し紀行 14 (14)
芦奈野 ひとし

講談社 2006-05-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とうとう完結してしまいました。
すごく好きな作品だったので終わってしまったのは正直残念。
けど永遠に続きそうな雰囲気のこの作品。変に人気に引きずられたり、逆に打ち切られたりして中途半端になることなく、きちんとした区切りを迎えられたことはとても良かったと思います。

これまでは、ロボットであるアルファ、ココネとその他の人物との間にある、時間の流れ方の相違がクローズアップされる形で「時間」が描かれてきました。むしろアルファ達については時間が止まっているかのように感じることもありましたが、この巻ではそんな2人にもそれなりに時間が流れはじめている様な気がします。時間とのつきあい方がやっと分かってきた・・・みたいな感じです。

ただし、他の人たちの時間はそれを上回るスピードで過ぎていきます。
おじさんなんかはこの巻でとうとう1度も姿を現しません(注:元気で生きてはいるみたいですよw)。
先生は自分の時間の終わりを意識し、その後の時間とのつながりをアルファに託します。
タカヒロとマッキも次の時代に・・・

よく考えたら私もこれを読み始めたのは高校生の時でした。なんだかとっても最近のことだったような気がします。この作品を読みながら進んできた私の時間そのものが、この作品の時間の概念に重みを与えているのでしょうか。

ずーっと何も変わらないようで、どんどん変わりゆく世界の中。
アルファは相変わらずあの場所で、主人の帰りを待ち続けるのです。

mixi ミュージック

| コメント(0) | トラックバック(0)

iTunes(Windows のみ Windows Media Player にも対応)で再生した曲のタイトル/アーティスト名が自動的に mixi 上で公開されるという新機能。
さっそく Mac と Win の両方に専用ツールをインストールしてみました。

今夜は一晩再生しっぱなしで放置してみます。どうなることやら。

The Mac Black.

| コメント(4) | トラックバック(0)

MacBook (Black)
MacBook (Apple)

ついに出ました。Intel 版 iBook こと MacBook です。
CPU は Intel Core Duo 1.83GHz/2.0GHz。13inch のクリアワイドディスプレイを搭載してエンターテインメント性がより高まりました。
たてよこの寸法と重量はやや iBook を上回るものの、厚みは 20% 減。相変わらずのスタイリッシュなデザインにまとまっています。
最大のポイントは、Mac としては G3 PowerBook 以来となる(と思う)ブラックモデルがラインナップされることです。実際、ブラックモデル=最上位グレードであるにもかかわらず Apple Store でもこれが一番人気らしいです。

僕としては、"新しい iBook" は是非 1kg 台(1kg を切るなら more better)の超軽量ノートブックになって欲しかったので今回のラインナップはやや残念なのですが、それでもなかなか魅力的だとは思います。

問題は、VAIO typeU がかなりアツい事ですかね。これはこれですごく惹かれます・・・。

やってみた。

SIF-COOL でした。前は KIF-COOL だったのに。
「ナイト」から「セルフ」になったわけですが、「セルフ」も当たってるなぁと思いつつ、無駄は好きですし会話も脱線させまくりです。
外から見るとちょっと取っつきにくいだろうなぁとは自分でも思います。でも僕自身がなれなれしいの好きじゃないんでつい他人とは距離を置きがちです。その距離感が僕には心地よかったりもするのですが。

まぁどうでもいいや。寝よー。

ピタゴラスイッチ

| コメント(2) | トラックバック(0)

ピタゴラスイッチというNHKの幼児向け番組がアツいのですよ!
いや番組自体は非常に淡々としているんですけど。

全体的にセンス良い感じ。だんご3兄弟とハッチポッチステーションを足して2で割ったみたいな感じを受けましたが、それもそのはず、ピタゴラスイッチを監修しているクリエイターの佐藤雅彦さんはだんご3兄弟のプロデューサでもあるのだそうです。

で、「アルゴリズムたいそう」もなんか好きなんですけど、一番気に入ってるのは「ピタゴラそうち」というコーナー(?)。ピタゴラそうちっていうのは、難しく言うと「ルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」というものの一種なのだそうです。Back to the Future 好きなアナタにわかりやすく言えば「ドクの目覚まし時計」みたいな装置、早起きなアナタにわかりやすく言えば「めざマシーン」みたいな装置です(めざマシーンは思いっきり BTTF をモチーフにしてますけどね)。

まぁとにかくこのピタゴラそうちはすばらしい。長い長い道のりをビー玉やら何やらがけなげに走っている姿を見ると思わず心の中で応援してしまいます。そしてたまにちょっとうまくいかなかったりするのもお茶目でイイ。「ピタ♪ゴラ♪スイッチ♪」っていうアイキャッチもキュートです。

放送時間が水曜日の午前10:30〜10:45(再放送が火曜日 午前9:15〜9:30)ということで、我々社会人は録画しないとなかなか見ることが出来ませんが、こういうのが好きなら録画してでも見る価値がありますよ。

見たこと無いけど気になるよ、と言う方はとあるブログでまとめ動画が見れます。

44444km

| コメント(0) | トラックバック(0)

44444km
2006年5月9日に達成しました。まだまだ絶好調!

・5日
モーターランド鈴鹿でコソ練。1.4 秒くらいタイムアップしました。

・6日
友達が鈴鹿ツインへ練習に来てたので見に行ったりしてた。

・7日
その友達が POTENZA EXCITING STAGE に参加したのでまた鈴鹿ツインへ。でも大雨のため1ヒートのみで中止に。ドリキンとか山野選手とかが来てたけど走りはみれなかった。

といった感じでずっとサーキットに居た気がします。

三日天下

| コメント(3) | トラックバック(0)

みなさん GW 楽しんでますか?
私はまだ連休に入ってません。今年の GW は5、6、7の3連休ですよとほほ。
なんだかんだで毎年 GW はどこか働いてます。

シムシティ3D for SOさてさて、そんななかナニゲにやり始めたら止まらなくなったのが「シムシティ3D for SO」。土曜日から今日までの3日間で全 15 シナリオ制覇しました。

実はこれが私の市長デビュー・・・つまり初めてシムシティとやらをプレイしたわけですが、モリモリ街ができあがっていく様がクセになりますね。ただ、シナリオを達成するとすぐに次の画面に行かなくてはいけないので、できあがった街をじっくり散策できないのが残念。

というわけで、自分の街をじっくり育ててじっくり散策できる、本家シムシティをはじめようかなと思いつつあります。
どうせ買うなら Mac 版ですよね〜。iTunes 連携で BGM だってゴキゲンです。

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。