2005年12月アーカイブ

四万路

| コメント(1) | トラックバック(0)

40,000km仕事納めの次の日から仕事始めの前の日まで、ずっと休日出勤です。
そんないまいち実感の湧かない大晦日、私のクルマが走行距離 40,000km に到達しました。買ってからは約 8,500km です。

来年も楽しく走れますように。

寒い

| コメント(0) | トラックバック(0)

霜スポイラー寒いですねぇ。

レッツゴー3千人

| コメント(2) | トラックバック(0)

先日、職場のメールサーバのアカウントを作り直すことになりました。
作るべきアカウントは全部で3千人。期限は2日後。
メールサーバの OS は SunOS です。

基本的な流れとしては、

1. useradd でユーザアカウント追加
2. passwd でパスワード設定
3. aliases 書き換え後、newaliases

となるのですが、これを3千回人力でやるのはもっとも避けたい方法です。ていうか間に合いません。
一括で大量のユーザアカウントを登録する、なんてことはそれなりの組織ならよくあることでしょうから、きっとそういう手段が用意されているに違いないと思って Web 検索大会。

・・・1時間ほど探しまくりましたが、どうやら楽ちんな方法は無いようです。
HDE Controller のような商用管理ツールを使えば一括登録できるようですが、そんなものはありません。それから、どうやら Linux ならテキストファイルにあらかじめアカウント情報を記入しておいて、その内容で一括登録するツールがあるようですが、残念ながら Sun です。

それならば、自動化するシェルスクリプトなり perl スクリプトなりを書こう。そう思ったのもつかの間、大問題にぶち当たりました。
useradd コマンドは、ユーザ名などの設定項目をすべてコマンドラインオプションとして渡すことができ、1アカウントに対しコマンド一発で設定できます。これは問題ありません。全ユーザのデータは Excel のシートで持っているので、concatenate() を使って全ユーザ分の useradd コマンド行を生成しました。
しかし、SunOS の passwd コマンドは対話モードしかないのです。いちいちプロンプトにパスワードを入力しないといけない仕組みです。しかも確認の為にもう一度入力しないといけないので1アカウントあたり2回。これはスクリプトから呼び出すには使いにくすぎます。

途方に暮れた私。大学時代の先輩であり、私の計算機人生における師匠でもあるお方に5年ぶりくらいに電話して助けを乞うと、

open(FP,"| passwd $username");

の様にパイプを開くと Linux ではうまく入力できるとのアドバイスを頂きました。さっそく試してみましたが・・・失敗。パイプ越しの入力は受け取ってくれずプロンプトが出てしまいます。

ここで、perl での自動設定は完全に暗礁に乗り上げました。お手上げです。もうあきらめて帰ろうかと思いましたが、ここで、メールサーバへのログインに使っている TeraTermPro のキーマクロを利用することを思いつきました。

TeraTermPro のキーマクロは、通信の確立手順などを自動化することを想定しているので、たとえばログインプロンプトの "login:" などといった文字列が来た時点で文字列を送信することができる様になっています。
つまり、passwd コマンドを発行してパスワード入力プロンプトを待ち、プロンプトが出たらパスワードを入力することは簡単にできてしまいます。なんだ、解決した。

というわけで、3千アカウント分のパスワードを設定するキーマクロをこれまた Excel で生成して実行。なお、プロンプトを読むタイミングを確実にするためにウェイトを1秒入れた都合上、1アカウントあたり約2秒、全部で 6,000 秒程度を要する計算でしたので、キーマクロをスタートさせてそのまま帰りました。実際には3時間ちょっとかかった様です。

aliases はテキストファイルを用意して newaliases を一回実行するだけなので簡単。どうにか間に合わせることが出来ました。一時はどうなることかと思いました・・・。

こないだ、「テスト・ザ・ネイション 2005」という記事で私の結果を公開しました。

・・・が、なんと IQ 年齢別照合表を見間違えていたということが発覚。
正しくは、私の IQ は 121 でした。
ここにお詫びして訂正いたします。

どうやら、テレビ放映時の表では見やすいように 10 得点ごとに緑色の線が引かれていたのですが、これに目を奪われて 60 点のところの IQ を読んでしまった模様です。
ていうか 121 か。結構良いじゃないですか。ちょっと嬉しい誤算でした。

来ました。「お膝元
早速 USB ポートに差し込んでスイッチ ON !

・・・。
・・・ぉぉ。ぉぉお?!

あったかいです。ヽ(´▽`)ノ
ていうかほんのり程度かと思っていたけど結構パワフル。
うっかりすると低温やけどしそうなくらいの発熱量はあります。
しかも1分しないうちに適温に。即暖性も良好の様です。

すみません。実はキワモノだと思ってましたがかなり本気で使えそうです。
ホント、オフィスが寒い方にはおすすめですよ。

僕のタイプ

| コメント(2) | トラックバック(0)

最近、仕事で文章やなんかをタイプしているときのミスタイプ率が高まってきている気がするので、寝る前にタイピングソフトで再修行してたりします。

とりあえず「激打」はさっくりクリア。「激打2」は伝承者モードのラオウがなかなか倒せません。鈍ったものです。あと懐かしの Ozawa-Ken。これの結果はとりあえず S+ でした。まぁまぁ?

しかし、全盛期でも「The typing of the dead」はコンティニューなしではクリアできなかったし、「闘打」や「ZAKU打」は何回コンティニューしてもクリアできませんでした。ホセ強すぎ。これらのゲームをさくさくクリアしていく人を見ると同じ人間とは思えませんでしたね。

どうせやるからには全盛期を超えたい。HHKB Pro オーナーの名に恥じぬよう日々精進です。

さっむいよ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入って急に冷え込んできましたね。いかがお過ごしでしょうか。
冬は好きですが寒いのは嫌いな QLO です。

さて、この寒い中、私の職場は空調補修中で暖房レス状態です。しかも私がいる部屋は日が当たらないのでかなりこたえます。じっと座って仕事していると手先と膝下が冷たくなっていきます。ううう。ウォームビズとかハナで笑い飛ばすような徹底した省エネっぷりです。でもハナ水が飛ぶので笑い飛ばせません。残念です。

とりあえずこの状態を打破しないといけません。手は動かしていれば致命的なところまでは行かないようなので、足のオーバークール対策を重点的に。と、ここで2つ、前から気になっていたものを思い出しました。USB ひざかけUSB スリッパです。

USB ひざかけ「お膝元」USB ひざかけは、名前の通りの USB で給電するひざかけサイズの電気毛布。USB スリッパはそれに足先が入れられるポケットを2つ付けたような感じの商品です。USB スリッパに関しては、「スリッパ」を冠しているものの履いたまま歩行することは出来ない形状です。もっとも、たとえ左右に分かれていたとしてもケーブルの長さを半径とする円内に行動範囲が限られるわけですが。

USB ひざかけは洗濯不能のようですが、USB スリッパは発熱部とそれを覆うカバーに分けることができ、カバーは洗濯することが出来ます。足を入れるものだけにこれは必須の仕様と言って良いでしょう。

で、どちらを買おうか1日ほど悩んだのですが、結局実売価格が安い USB ひざかけを注文しました。明日くらいには届くかと思いますのでまたレビューでも。

SONY + AAC ?

| コメント(0) | トラックバック(0)

音楽再生機能 (NTT DoCoMo)

を見ると、SO902i も他の FOMA の流れに取り込まれて AAC になってます。
言うまでもなく、premini-II は SONY お得意の ATRAC3 (Magic Gate Audio) でした。この変化はいったい何なのでしょうか。

私はまだ FOMA を所有したことがないのでよく分からないのですが、AAC 対応の機種は iTunes で作成した AAC ファイルの再生が可能と言うことなのでしょうか? そうすると、SO902i と iTunes という奇妙な組み合わせで音楽生活を送ることになりそうです。iTunes 上で FOMA へ曲転送、というのは(今のところ)あり得ないのでしょうけど。

premini-II も最初の頃は Sonic Stage で曲を取り込んで音楽を聴いていたのですが、同時に iPod shuffle ユーザでもある私は Sonic Stage と iTunes で同じ曲を管理しなければならないことになります。これは主にストレージ容量の無駄です。iTunes の方がインターフェースと楽曲管理の面で優れていますので、結局 Sonic Stage は使わなくなり、premini-II での音楽再生もしなくなりました。

そういう経緯のある私にとっては、もし iTunes が出力した AAC ファイルを FOMA で再生できるのなら SO902i の AAC 対応は喜ばしいことです。さらに、メモリースティック Pro Duo にも音楽を入れられるようになる(Magic Gate の仕組みを使わなくなるので本質的に違いが無くなると思われます)ので、非 Pro の 128MB の呪縛を逃れることもできるようになります。なんかこれが Magic Gate を捨てた最大の原因のような気がしてきた。でも Pro にも Magic Gate の表示があるのに何で音楽入れられないんだろう?

このアーカイブについて

このページには、2005年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。